歳を重ねてもきれいで、若く。そういう本心を保ち続けたいだ。痩身はその後の取得が最も苦しい結果あり大変なことだと痛感

自分にはこどもがある。自分は他のマミーよりも5年代ほど年代を重ねてある。そのため口には出しませんが、すべてと同じような思考や、スタイルや格式でいたいとしてある。持ち味が太り、若い被服が着れなくなるとそれだけで老け込んでしまうので、ウエイトのキープに気をつけてある。毎晩夜中TVを見ながら、体感を鍛え上げるトレーニングをしています。腕立て伏せをするような身構えで、肘をついて 2 30秒キープするのです。四つん這いになり片手片足を持ち上げたり、体感を鍛え上げるため身構えもすばらしく交代を上げて、さりげなく持ち味保持に努めてある。痩身は、余裕技を選び、継続するということが大事です。他人から求められた技があったとしても、それが自分に合っているかは別問題です。

そうして、自分に最適な痩身法を捜し出すことができ、万が一痩せたとしても、マイナスは事後だ。痩身というのは、それ自体が精神的にも大変なことではありますが、残念ながらリバウンドもあり得ます。

痩身で金字塔困難のは、痩身命中後のウエイトや持ち味をキープできるかというところにおけるというのです。そうでなければ、運命痩身というリバウンドの繰り返しになってしまいます。

私も、痩身に成功したとして油断していると、ウエイトも持ち味もジャンジャン完全はかけ離れた方角をめぐってしまうので、気を付けなければとしてある。けれども、いざそれはだいぶ難しいとも感じています。アートネイチャーの無料診断はこちらから